プロダクション附属スクールお申し込み方法

プロダクション付属スクール受講のお申し込みはこちら

詳細をご覧になって
「どのコースをいつから始めたい」とお決めになりましたら、
下記スクール受講契約事項にご同意の上お申し込みください。
※延長の際も同様です(同意のない方の受講はご遠慮頂いております)。
①フォームよりお申し込み下さい。
(ご質問がある場合はメールやお電話でお気軽にご相談下さい)
メール:info@mercuring.co.jp / 電話:03-5572-7491
②拝見次第【お手続きのご案内】メールをご返信致します。
③ご入金確認次第【当日のご案内】メールをお送り致します。

プロダクション附属スクール受講お申し込み

スクール個別説明会(無料)のお申し込みはこちら

ホームページの詳細をご覧になっても、わからないことがあったり
確認したいことがあったり、実際に対面で話を聞きたい、教室をみたいなど
事前にご相談を希望する方のために実施しています。ご希望の方は、
下記スクール受講契約事項をご覧の上、フォームよりお申し込みください。

プロダクション附属スクール説明会お申し込みフォームへ"

スクールの事前個別説明会とは

当スクールでは全ての情報をネットで大量に公開し、
誰でもいつでも全てを見定められるようにしておりますが、
Webだけではわからないという方や、教室の雰囲気をみてみたい、事前に相談したいことがある、
対面で申し込みたいという方のために、事前に安心できる場として設けているのが説明会です。

大人数では本当に自分が聞きたいことが聞けないで終わるため、当スクールの講座説明会はおひとり
おひとり個別でご相談をお受けしております。そうすることで、ピンポイントで聞きたいことが聞けるため
ご満足頂けるからです。人によって疑問点が全く違います。それを解決して差し上げたいと考えているのです。

しかし、詳細をあまりご覧になっていなかったりすることが要因して、質問が漠然としている方には
やる気が感じられず少し残念に思います。また、ただ漠然とした不安があるなど、全てを解決するのは
実質的に不可能ですし、全く不安がない人生を送っていらっしゃる方などいらっしゃいません。変に閉鎖的に
なることなく、心を楽にして詳細をご覧の上、もしさらに相談をして安心したいと思われましたらお越し頂ければと
思います。受講前はなんの技術もない段階ですが、受講していらっしゃる方には前向きな気持ちがあります。なぜなら
技術のみならずメンタルな部分もバランスよくスキルアップしているからです。それがゆくゆく自信となるのです。

他学校やプロダクションでは、
受講前提の説明会というより、採用前提のオーディションといわれるものがあります。
しかしそれはよっぽどのことがない限り合格しません。登録や仕事ができる合格ではないためです。
合格したとしても、受講してもらうための合格です。本来は誰でもいいから受講してほしいのですが、
集まらないため、まずは面接しますから集まってくださいというものです。そうすれば変に自信のある人も
納得してくれます。きっとその人はこう思うでしょう「やっぱり私はオーディションで合格した。
この講座さえ受講すればこの学校から仕事をもらえるはずだ」と。

学校自体は普通プロダクションではないので、仕事に繋げるのは難しいです。
それに学校の講師自体がプロダクションの人間でないと、個人の実力を把握することもできません。
たくさんの学校を卒業したと言って当スクールに駆け込まれる方がたくさんいらっしゃいますが、その方々は
口々にこうおっしゃいます「何年やっても仕事がありません。受講して一年後のオーディションである
プロダクションに合格しましたが、受講が条件でした。それでもきっかけが欲しくて受講してみましたが、
仕事がもらえません。それ以前に、わたしのどこが悪いか、どんな練習をしたらいいか、それすらわからないです。
全然教えてもらえないです。それが知りたいです。詳細を見てこれだ!と思いました。私が知りたいのは
業界の知識ではなく、知恵であり、自分自身のコツなんだということを。早く知りたいです。」と。

個別説明会には必ず参加しなければならないというものではありません。
説明会にお越し頂くには、ホームページのスクール詳細をしっかりご覧頂いていることが大前提となります。
前述の通りですが、もうひとつはスクールのことを最初から最後まで全てひとりひとりに説明することは
時間的にも実質不可能だからです。そのために全ての詳細をオープンにネットに掲載しております。
じっくりご覧になって、自分の考えと合うかどうかをご検討頂けるものと思います。

受講される方には、説明会にお越しになって受講される方と、Webで全て把握してフォームからお申し込み
されて受講される方と、Webで全て把握してメールでやり取り後受講される方と、お電話で疑問点を確認後
受講される方の4タイプに分けられます。それぞれの割合は、同じくらいいらっしゃいます。

いろんな方法がありますので、ご自分に合う方法で前に進まれるといいかと思います。
コース・回数も、自分の考えに合わせて決めて前に進んでもらえるようにしています。お察しの通り、
全て自分で決めて進むのです。受講中でも、どのアドバイスが響いたかを自分で判断して練習に繋げてもらえます。
もちろん、プロとして、どのような指摘が適切かは差し上げますが、100人100通りの解釈をするため、個人個人の
判断も大切に尊重しているという意味です。定期的に通われる中で、その解釈のズレは解消されていきます。

また、やはり人間はひとりひとり違うため、講師の言葉が全てではないというのもあります。
だから講師もいろんなボキャブラリーを使ってアドバイスさせてもらうようにしています。そのたくさんの
言葉の中から自分に響く言葉を選ぶということでもあります。私たちはみなさんの心の中にすでにある才能を
引き出すために存在します。命令をして頭ごなしに知識を埋め込むことしか頭にない考え方の集団などではありません。

受講を重ねるにつれ、一番自分が欲している言葉をくれるのは、講師ではなく
自分自身だということに気付いてもらえるようになります。私たちは、ひとりひとりの才能を信じて、
尊重した指導方法を終始実践しています。そのために講師がひとりで喋り続けるのではなく、相互に
コミュニケーションを充実させたレッスンを心掛けています。受講される方も、周りの方も、
講師も3者3様に、素晴らしい気付きを得て、これからもどんどんステップアップできるように。

プロダクション付属スクールの受講契約事項

株式会社マーキュリングを甲とし,受講者を乙として,
プロダクション付属スクールの受講契約事項をここに公開する。

1 甲は,乙に対し,プロダクション付属スクール
(以下,「本講座」とする)を受講する資格及びその機会を提供し,乙は,
甲に対し,それらの対価として,本講座の入講料及び受講料をそれぞれ支払う。

2 乙が甲に対して支払う前項に関する料金は,以下の通りとする。
・入講料:金 12万円(税別)※期間限定免除あり
・受講料:金 1回受講料×回数分=合計(税別)
上記,入講料と受講料と税金の合計金額(税込)を,一括払いで,
甲の指定期日迄,甲の指定口座に振り込む。振込手数料は乙の負担とする。

3 乙が本契約の全部または一部を解除した場合においても,
消費者契約法第10条,民法第1条第2項の信義則を基本原則とし
乙は,甲に対し,入講料・受講料の返還を一切請求することはできない。

4 乙が,乙の都合であるかどうかを問わず,本講座の全部または一部を受講しなかった
場合においても,甲は,乙に対し,乙が受講しなかった部分に対応する受講料の返還はしない。

5 乙は,本講座を通じて知り得た,声のプロとしての技術向上ノウハウや,
本講座で使用された資料の内容等の情報を,第三者に漏えいしてはならない。

6 乙は、本講座のMAX期限(回数に応じた受講期限)を守れなければ
回数が残っていても使用できない。予約後のキャンセルやコース変更をすることはできない。
時流により随時Web上で更新される甲の規定には承諾しなければならない。

7 甲及び乙は,受講にあたり、以下の事項について,認識しなければならない。
(1) 本講座は,甲の乙に対する仕事の紹介や斡旋を前提とするものではない。
(2) 本契約が,特定商取引に関する法律(昭和51年6月4日法律第57号)における,
業務提供誘引販売取引ではない。通信販売や特定継続的役務提供にも該当しない。
(3) 乙が本契約の全部を解除することができるのは,甲が本講座を開設しない
などの特段の事情がある場合の他,法律上の解除事由がある場合に限られる。

■プロダクション附属スクールの受講契約事項(分割払いの場合)

株式会社マーキュリングを甲とし,受講者を乙として,
プロダクション附属スクールの受講契約事項(分割払い)をここに公開する。

1 甲は,乙に対し,プロダクション付属スクール
(以下,「本講座」とする)を受講する資格及びその機会を提供し,乙は,
甲に対し,それらの対価として,本講座の入講料及び受講料をそれぞれ支払う。

2 乙が甲に対して支払う前項に関する料金は,以下の通りとする。
・入講料:金 12万円(税別)
・受講料:金 1回受講料×回数分=合計(税別)
上記,入講料と受講料と税金の合計金額(税込)を,分割払いで,
甲の指定期日迄,甲の指定口座に振り込む。

3 乙は,甲に対し,前項の料金に,分割手数料金5000円を加えた合計額を下記の通り、
分割して支払うこととする。2回目の支払いは1ヶ月後とし,各振込み手数料は,乙の負担とする。
尚、万が一支払いが遅れた場合,遅延損害金は年率14.6%とする(消費者契約法)。
平成   年  月  日迄に:金
平成   年  月  日迄に:金

4 乙が本契約の全部または一部を解除した場合においても,
消費者契約法第10条,民法第1条第2項の信義則を基本原則とし
乙は,甲に対し,入講料・受講料・分割手数料の返還を一切請求することはできない。

5 乙が,乙の都合であるかどうかを問わず,本講座の全部または一部を受講しなかった
場合においても,甲は,乙に対し,乙が受講しなかった部分に対応する受講料の返還はしない。

6 乙は,本講座を通じて知り得た,声のプロとしての技術向上ノウハウや,
本講座で使用された資料の内容等の情報を,第三者に漏えいしてはならない。

7 乙は、本講座のMAX期限(回数に応じた受講期限)を守れなければ
回数が残っていても使用できない。予約後のキャンセルやコース変更をすることはできない。
時流により随時Web上で更新される甲の規定には承諾しなければならない。

8 甲及び乙は,受講にあたり、以下の事項について,認識しなければならない。
(1) 本講座は,甲の乙に対する仕事の紹介や斡旋を前提とするものではない。
(2) 本契約は,特定商取引に関する法律(昭和51年6月4日法律第57号)における,
業務提供誘引販売取引ではない。通信販売や特定継続的役務提供にも該当しない。
(3) 乙が本契約の全部を解除することができるのは,甲が本講座を開設しない
などの特段の事情がある場合の他,法律上の解除事由がある場合に限られる。