表現力検定とは

表現力検定のご案内

■検定目的☆特典

  • 1. 心の豊かな人間に備わるスキル「表現力」の身に付き具合(喋りの実力)を図るため。
  • 2. 声の表現に対する「考え方」「意識」「技術力」「応用力」「応対力」を図るため。
  • 3. 今の自分の成長ステージ。第三者の意見・判断・評価でさらにスキルアップを図るため。

■検定級の合否基準

3級:一般の方用(原稿量:20秒)
3級合格者は、原稿を基本に準じて読むことができます。
原稿には、技術的な単語毎に間(ま)を設けてあるなど、印がついており
初めての方でも、大変読みやすくなっています。過去の合格率は100%です。

2級:受講し始めの方用(原稿量:30秒)
2級合格者は、文章の意図を掴み表現豊かに伝えることができます。
原稿には、読みやすい印が一切付いておらず、表現豊かに伝えるには、指摘を受けている
技術を臨機応変に取り入れ、内容の把握に努めることが鍵となります。過去の合格率は80%です。

1級:受講して半年位経った方用(原稿量:40秒)
1級合格者は、言い方だけでなく言葉の選択もイメージ通りに表現でき(お題に沿って文章を作成する)、
その想像力を、自分の声・言葉にのせて伝えることができます。原稿には、お題と例題の言葉
があるのみ。声の技術と感覚のバランス力が試されます。過去の合格率は60%です。

プロ認定:受講して一年位経った方用(原稿量:50秒)
プロ認定合格者は、その場の雰囲気に合わせ人に感動を与えることができます。原稿には、
お題があるのみ。バランス力のみならず、意思のあり方も試されます。過去の合格率は50%です。

●人間として生きる以上、常にコミュニケーションには気を遣うものです。
コミュニケーションの中心は言葉の内容や言い方ですが、その土台となるのは
心の表情や顔の表情・振る舞いの表情です。それらを含めた全てを表現といいます。

表現を磨けば、言葉も磨かれ、言い方も磨かれ、何より、心の表情や、顔の表情、
振る舞いの表情に変化が表れてくるのを実感して頂け、コミュニケーションが楽しくなります。

この検定は、そんな表現力にスポットを当て、みなさんの
お仕事やプライベートを、是非充実させてもらえればと造ったステージです。

表現力を身に付ければ、周りの人はもちろん喜んでくださいますが、
なにより自分が嬉しく、心の安定と持続感から、人間としての豊かさが生まれてきます。
人とのコミュニケーションが、口だけではなく、心から楽しめるようになるのです。

この検定では、自分にはどれほどの表現力があるのかとか、今の時点で、
どのくらいの表現力が身に付いているのかなど、日頃の練習の成果を試す場として
活用してもらえればと思います。

表現力とは、内容と言い方です。内容がよくても、
言い方が嫌な感じだと人は不快感を覚えます。逆もしかりです。当検定に参加することで、思いのほか
がんばって練習している自分や、合格することで想像以上に自信を持てた自分に出会えることと思います。

検定中は緊張するため、メンタルも通常の時とは異なるでしょう。
技術力のみならず、自分のいざというときの精神面も見つめ直せるため、
自分だったらどのような考え方で、どのような姿勢で臨むべきかを強化して頂けます。
また、普段見ることのできない、一発本番という局面での、他の人の精神面や技術力も
客観的に研究できるため、表現力に対しての関心が一層高まり、コミュニケーションにさらなる
磨きを掛けて頂けることと思います。半年に一度、ご自分のスキルの向上に是非お役立てください。

受検資格

プロダクション附属スクールの受講されている方以外にも、一般の方の受検も可能になりました。
ご自分の声のスキルを試すステージとして、客観的な判断を仰ぐ場として定期的に挑戦して下さい。

この検定は、コミュニケーションの柱である、話す言葉と言い方の表現力を磨くための検定です。
それを支えるのが、心の表情や、顔の表情、振る舞いの表情となり、同時により美しく磨かれます。
表現力は、とても注目されてはいますが、なぜか掘り下げて指摘をしてくれる人は傍にいないもの。
普段の生活では、普通に気付くことのできない深い気付きを得られることを楽しんで頂きたいと思います。

検定の意義

1.表現の大切さを意識付けできる
2.表現力の意義深さに深く気付くことができる
3.日常の生活や仕事に良い影響を感じるようになる
4.相手の立場に立ち物事を考えられるようになる
5.顔の表情や言葉遣いや振舞いに柔らかさを覚える
6.様々な角度からの視点からボキャブラリーが増える
7.社会的に有意義な資格のため取得級により精進と人柄の評価となる

検定の準備はどうしたら?

事前に一夜漬けで勉強する必要などありません。
なぜなら、普段(日頃の努力)がそのままでるだけだからです。
言葉や言い方の表現スキルは、一朝一夕では変わらないものです。

だから、事前にすべきことといえば、受講をしていらっしゃる方であれば、いつもの練習を振り返り(自分のコツ)、
まだ受講していらっしゃらない方は、体調を整えておくぐらいです。その結果が「今の実力」なのです。新しい自分を
発見するきっかけにして頂ければと思います。リラックスして臨み、様々な気付きを得て頂ける事を願っています。

受検の流れ

  • 1. 検定の流れのご説明を致します。
    2.受検級の原稿をお渡し致します(練習時間20~30分位)
  • 3. 順番に(3級・2級・1級・プロ認定の順番で)検定開始(録音※筆記なし口頭のみ)
    ※録音ボイスは、5名の審査員に届けられ採点が行われます(500点満点中400点以上で合格)
    ※このボイスは、今後のスキルアップのため受検された方全員に、メール添付でお渡し致します。
  • 3. 審査結果(合否のご連絡)は7日後、携帯メールにお送りし発表に代えさせて頂きます。
    ※合格された方には、表彰状は受講中お渡しします※一般の方には郵送をさせて頂きます。

日程・検定料・お申し込みの詳細はこちら
※ページ左上のメニューからもご確認頂けます。