表現力検定の日程/検定料/お申し込み

『表現力検定』開催日程

2017/1/21:受検後に写真撮影
とても有意義な時間を共有できたので皆さん素敵な笑顔です!

〇第38回表現力検定実施日:初春2017年1月21日(土)PM4時~PM5時30分終了予定
新しい年を迎え、あなたはどこに身を置きますか?いつもと同じですか?それとも一歩先にいますか?
人を創るのは環境です。そこがどんな言葉と、どんな信条に包まれているのか。それが人となりを創ります。
どんな人になりたいか、改めて自身の心の声に耳を傾け、それを実行し、一心同体を楽しみましょう。Mercuring

2016/12/4:受付を開始致しました。今回も少人数での実施となります。
※検定は半年に一回のみです。次回の開催は半年後となるためこの機会に是非挑戦してみて下さい。
※毎回、通常のレッスンにはない新たな視点を体験することになるため、重なる気付きを楽しんでもらえます。
※詳細は「表現力検定とは」ページの通りです。今回のご案内をご希望の方はフォームよりお申し込み下さい。
2016/7/31:先日無事第37回表現力検定が終了致しました。
今回もおひとりおひとり大きな気付きを得ていらっしゃったようで大変嬉しく有り難く思います。
こちらの写真は審査録音をしているおひとりの場面です。全員での40分間の準備時間を経ての本番。
[2級は原稿読みのみですが、1級とプロ認定はお題から原稿を作成しなければならず時間を要します]
緊張したという声が多く聞かれたものの、今回も高得点で合格された方が多く表現の浸透が伺えます。
次回の検定は半年後の1月21日(土)。今を輝かせてくれるのは納得のいく練習ができることに尽きます。
第37回表現力検定実施日:初夏2016年7月23日(土)PM4時開催~(PM5時終了予定)
この時期の検定は、年前半の色合いと年後半の実りを明らかに示す
とても大切な意味合いを持ちます。美しく繁る新緑にはしっかりとした地盤があるように
共に足元を踏みしめながら、盤石で豊かな一歩を結べることを期待しています。

2016/5/22:受付を開始致しました。今回も少人数での実施となります。
※検定は半年に一回のみです。次回の開催は来年となるため、この機会を是非ご活用ください。
※普段にはない大きな気付きがあることをお約束致します。特殊な環境が新たな視点を誘います。
※他詳細は個別でのご案内の通りです。ご案内をご入り用の方はフォームよりお申し込み下さい。
○2016/2/18:受検された方のご感想が下記に追加されました。
○2016/2/7:受検された方のご感想が下記に追加されました。
○2016/1/31:受検された方々に1/29検定結果が届けられました。
その合否と点数そして各審査員からのコメントをご覧になって
ご自分なりの感想を送ってくださった3名の方々のお声を掲載致します。

M.Rさん「結果のご連絡ありがとうございます。合格できたことは大変嬉しいですが、
反省点が多々あります。ますます練習を積んでいかなければと、気持ちを引き締めております。
今回は初めての受験で飛び級、高めのハードルではありましたが、勧めていただいた1級で
受験することにしました。「ダメもと」などという気持ちではなく、ここで挑戦することで今のレベルを
知り、今後に繋がるものを得ようと考えました。検定を通じて自分の弱い部分がわかり、振り返りの
中であらためて気づくこともありました。機会を下さったことに感謝いたします。審査員の先生方の
コメントをしっかり受け止め、一層の努力をして参ります。今後ともよろしくお願い致します。」
__________
M.Tさん「いつもお世話になっております。○○○○です。表現力検定の結果ありがとうございます。
今回は初めて自分でまとめた文章を読み、文章をまとめることでいっぱいいっぱいになってしまった
という反省がありました。けれどもレッスンで話をまとめるコツを教えていただき、時間はオーバー
してしまいましたが、内容としては自分の中で上手くまとめられたと思っております。以前は話を
まとめる力がなかったので、そこは進歩した点だと考えております。しかし、表現の仕方はまだまだと
改めて感じました。いつもレッスンでご指摘いただいている点をやはり今回の審査員の先生方にも
指摘され、自分の欠点を再確認することが出来ました。雑に話してしまう点は本当に改善していき
たいと考えております。今後もどうぞよろしくお願いいたします。精進して参りたいと思います。」
__________
H.Yさん「こんばんは。検定結果の連絡を有難うございます。合格出来て本当に嬉しいです。
かろうじての合格点ですが、涙がでました。審査員の方々のアドバイスは本当にありがたいです。
なかなか上手くなれず、自分でももどかしいのですが、合格を励みに、これからも精進したいと
思います。これからもよろしくお願いします。本当に有難うございました。」
__________
H.Jさん「今回表現力検定を受け、満足に物事を伝えるためには自分が考えるより更に多い研鑽を
積まねばならないといたく実感いたしました。日本語を操ることの奥深さ、またその難しさを、今さら
ながらに感じております。審査員の先生方から頂戴した講評を生かし、またより生かせるよう、日々の
修練に励みたいと思います。ありがとうございました。」
__________
K.Aさん「今回、初めての表現力検定を受け、今までは発声の仕方ばかりに必死で
表現力についての意識や練習が低かったように感じました。検定を受け結果を頂いて、自分の声が
相手にどういう印象を与えるのかということや、今後の上達のために必要なことを自覚できるとても
いい機会になりました。次回は次の段階に行けるような練習を今後していきます。」
__________
※次回検定実施日は7/23(土)PM4時~PM5時に決定致しました。受付スタート日は6/1です。
○第36回表現力検定実施日:初春2016年1月23日(土)PM4時開催~(PM5時終了予定)
新春早々の検定は、その年の色合いを明らかに示す縁起の意味合いと持ちます。
大切な節目に鮮やかに伸びる新芽のように、共に幸先良いスタートを結びましょう。

2015/12/28:受付開始!今回も少人数にて実施させて頂きます。
※半年に一回のみ開催する検定です。
※今の自分の実力を確かめる為、実践の力をつける為の、唯一のチャレンジステージとなります。
※節目節目の勇気ある挑戦は、その間の貴重な熟成と発酵期間を大変意義あるものにしてくれます。
※検定で得られる気付きは大きく、その深い意識と広い視野は、その後の発展に大きな影響を与えます。
※検定結果は1週間後にメールでお伝えし、合格者には敬意をこめて表彰状と記念品が贈呈されます。
※検定のお馴染み特典「レッスン1回無料チケットプレゼントのお楽しみ抽選会」は今回も実施されます。
※定員に達した場合はお申し込みを頂いてもお断りすることがございますのでご了承くださいませ。
第35回表現力検定実施日:2015年7月25日(土)PM6時開催~(PM7時終了)
今回は、集中力を高めてもらうため、検定時間の短縮と、検定後のフィードバックをさらに徹底するため
また、通常の土曜レッスンと特別レッスンである新聞読み講座の効果を発揮してもらうため、時間変更と
少人数での実施を実現致しました。レッスン後の検定により、声や心を整える時間を得た為、いつもより
柔らかい余裕の表情を多く観ることができました。その為、結果も上々でした。多少バラつきはありましたが
ひとりひとりそれぞれのペースがあるため、ひとりひとりのスタンダードがアップすれば、それがベストです。
○第34回表現力検定実施日:2015年1月24日(土)昼12時開催~(PM2時終了)
2015/1/26:例年に比べ、おひとりおひとり非常にやる気の見られる検定になったかと思います。
途中経過で届く審査員の評価を見ても、コメントは各人に、より高いステージを目指してもらうべく辛口では
あっても、概ね点数は高く、喋りのスタンダードが確実に上がっていることを物語る事実に嬉しさでいっぱいです。
どんな場面でも真剣に向き合う姿勢は、如何なる現場も真摯に対応できることを顕すもので、期待が高まります。
当検定結果は随時更新致します。引き続き楽しみながら、次の展開に繋げるべく材料にして頂けますと幸いです。
2015/2/7:今回は、おふたりの審査員の、全員へのコメントを公開致します。
どなたへのコメントかは非公開とさせて頂きます。まずはおひとり目です。

「発声が良く、聞きやすい。テーマを良く表現しており
与えれた課題が良く伝わっている。声の質もいいの将来が楽しみ。」
「全体に力んでおり、焦った感じに聞こえる。テーマを良く理解しておらず、
軽い内容に捉えられる。もっと自然に発声すると良いと思う。」
「落ち着いて発声しており、与えれた課題を良く理解している。
このテーマではこれくらい、ゆっくりしている方が自然だ。声の質も良い。」
「発声に力みが見られ、聴き取り難い感じがある。このテーマでは
焦らずにコメントした方がよい。日頃、発声練習に心掛ければ、もっと良くなる。」
「発声が良く聴き取れる。また、声の質も良い。与えれれたテーマを
充分に理解している。もっと練習すれば、将来が楽しみである。」
「一生懸命にやっていることはわかるが、声が少し滑らかさに
欠ける面が見られる。もったいない感じ、もっと、発声練習が必要。」
「若いのか、与えれた課題にあっていない感じ。全体に軽いので、
もっとテーマを良く理解する努力が必要だ。しかし、アナウンスとしては良い。」
「さすが、プロ級とあって、発声が良く、アナウンスに向いている。声が良く、
聴き取りが自然だ。与えれたテーマを上手く表現している。」

引き続き、おふたり目の審査員の、全員へのコメントを公開致します。
前述のコメントとは、順不同とさせて頂いております。

「せっかく味のある声質なのに、基本がまだこれからなのだろうが、声が割れていたり
リップノイズが耳についたり、とにかく内容が入って来ない。全面的に意識を正す機会にしてもらいたい」
「非常に思いやりのある人。相手に指図するのではなく、自分の反省点として、全面的に受け止めている。
人間としてとても素晴らしい精神。そういうものを育てている人でなければ、とっさにこういう文章は書けない。
しかし、その文意は、何度か聞いて分かった。所々、他人事のような言い方のため中々、入って来なかった。」
「意気込みは良いが、文章の言葉に左右された表現をするところが良くない。
表現が安定していないということ。浮足立たないよう基礎的な練習を重ねるといい。」
「声は安定しているも、動きが見えない。文章の内容にも、流れが見えない。
目を瞑ると果てしなく空想できる喋りを表現力であり豊かさを観じるが、この方はどこを目指しているのか?」
「良い表現の語尾があった。良いものを持っている人だ。しかし全体的に雑なため
このままでは、なかなか見出されないだろう。安心して任せられない。ここが踏ん張り時だ。」
「すごく力んでいる。ポテンシャルは高い方なんだろうが、基本はまだこれからなのだろう。
どんな活字も、自分の言葉にできる人は、相手の立場になって考えてあげようという意識が深いもの。
日頃の考え方を見直してみても良いかもしれない。」
「全体的に余裕が感じられない。そのせいか、内容も上から目線のように感じる。
この方は普段からこのような喋り方をするのか?普段は優しさなど感情を出しているのでは?」
「文章が雑。全体が見えていないのか。~て、~て、~て、と最初何を言っているのか

分からなかった。まとまっていない。内容は良いことを言っているが、深みが欲しい」

※いかがでしたでしょうか?他の人へのコメントでも、はっとさせられる点が多いのではないでしょうか?
視野広く、より冷静に客観的に、自分へのコメントを、実感してもらえたことと思います。
審査員の方々には、なるべく厳しい声を包み隠さず(感じたことをそのまま)発して頂くようお願いしております。
現場では、本心は言われず、とにかく褒められる為、MCが勘違いして、どんどん下手になるという現実があります。
それでいて次に声を掛けられることはなく、天狗MCからは少しづつ仕事が減っていき、数年後に残るはプライドのみ。
つまり、どんな業種でも当て嵌まることではありますが、キャリアを積むほど自分が見えなくなっていくという訳です。
これから、という方に、そんな無意味なサイクルを繰り返す方向へは、何とか阻止して差し上げたいという思いです。
親が子を導くように、業界を色々な角度から知り尽くすプロだからこそ出来得る事であり導く責任があると自負します。
世の中で一番難しいのは自分自身を知る事だと言われますが、目が外向きにある限り、内を見つめるのは誰もの課題。
表現力検定ではそこに光を当てる為、少しでも気になる所があれば、今の最重要ポイントとしてフューチャーする形に。
常に自分の足元を確認しながらの、その真摯な経過の先には、想像以上の自分の姿を、結果、観ることとなります。
内省したいと受検された方々には、その姿勢が誰よりも意義ある成長に繋がり得る事を、心から喜んでいるところです。

○第33回表現力検定実施日:2014年7月26日(土)昼12時開催~(PM2時終了)
年2回のため、今年最後の検定となる舞台がいよいよ始まります!30分程の初見読み練習の後
3級から2級・1級・プロ認定の順にステージ収録。その後すぐに個々の念入りレクチャーがスタート。
録音された検定ボイスを聞きながら良かった点や改善点、その理由を徹底的に掘り下げキャッチ&フィードバック。
その後、Q&A画像視点ディスカッションやR&Sボイトレ等の多角的感性プログラムで声を出し視野を明るく広げる。
毎回わくわく新しい事尽くめの進級検定。今年ラス1の検定でまた新たな可能性への気付きを大いに楽しみましょう!
※今回も通常通り、特典盛りだくさんのラインナップで開催致します。詳細は文章末をご参照ください。
※当検定は、未経験者の方・受講中の方・受講していない方も受検可能です。
※今後の声の活動はもちろん日常にも有益な「資格」「ステージ」「プログラム」をこの機会に是非ご活用ください。
○第32回表現力検定実施日:迎春2014年1月25日(土)昼12時開催~(PM2時終了)
2013/12/16:詳細は下記。こちらの欄では当日の様子を詳細にレポート致します。今回もこの機会をお見逃しなく!
最も大切なのは経過である当日のステージまでのこの時期。この時間をどう過ごすかで今後の姿勢や動向が決まります。
検定の合否なる結果は後から付いてくる。今自分ができる事を最大限に尽力しておけば何も心配する事はありません。
2014/4/9:バランスある経過を過ごしたか、偏った経過を過ごしたかは、お顔の表情・声・文章・抑揚に観て取れます。
検定特有の醍醐味である「秒数」と「文章作成」。この2つに意識を向けると、中心となる表現が薄れてしまいます。
そこを解決するのが、本番さながらのレッスン姿勢と、本番さながらの自宅練習と、本番さながらの日々の意識です。
今回パスされた方、おしくも見送った方も、検定ならではの「気付き」を胸に次の山登りも是非楽しんでもらいたい。
人生は山の連続。ひとつ越えても無限にある。山を見つけたらまず怖がらず等身大の自分で楽しく登り始めること。
雄大な自然の空気や景色を心から楽しむこと。途中出会う植物や動物や人間たちと、その喜びを沢山分かち合うこと。
そして頂上に辿り着いたら、自分ひとりの力では決して登れなかったことを想い、周りの存在に有り難く感謝すること。
ひとつの「気付き」は、険しい顔をしても得られません。ひとつの「気付き」は、楽しみ・喜び・感謝心の先にあります。
何かを成そうと思ったら、形ではなく心を意識すること。その経過は、結果より遥かに崇高に、心に響くことでしょう。

第31回表現力検定実施日:2013年7月27日(土)昼12時開催~(PM2時終了)
※2013/7/27:2013年第2弾の夏表現力検定はPM2時05分に無事終了致しました。
その後の土曜レッスンに参加された方はPM4時15分終了となりました。本日は長時間お疲れ様でした。
14周年記念の31回目もたくさんの方に受検を頂き心より感謝を申し上げます。
今回の記念品は『レッスン1回無料券プレゼント抽選会』で5名の方が当選されました。
回数を重ねた分、意識は深まり、ステージを高める為、今後の展開に大いにお役立て頂きたいと思います。
今回も緊張したという方が半数以上いらっしゃいましたが、そもそも緊張は頑張る姿勢がないとしたくてもできません。
つまり皆さんは頑張って練習して今日という日を迎えたからこそ緊張するのです。自分の姿勢を褒めてあげましょう。
しかし緊張も度が過ぎれば実力を押し込めてしまいます。常に等身大で、1対1の会話を楽しむ意識を心掛けましょう。
そのメンタルでの緊張なら、集中力を高め、どんな状況にも動じない心を育て、心の安定感をも生み出してくれます。
これから幾度も訪れる人生のステージも、周りの支えに感謝し、自分の心を信じ、笑顔のお返しへと繋げられるように。
____________________
ひとつひとつ大切に育てられた野菜は甘く美味しく育ちます。
努力を惜しまず自分自身のことを大切に育てていれば心配は要りません。
時が来れば自然とその身は熟し人に社会に実り多き存在となることでしょう。
2013/8/3:審査の結果、今回の合格率は史上初の100%でした!
みなさんの真摯な姿勢が功を奏したものと嬉しく思っております。
ご参考までに1人の審査員が全員に評価したコメントを抜粋発表致します。
「若々しいが全体として単調。語尾の不明瞭が気になるので直す必要あり」
「流れに抑揚がない。元気さがあり若い感じがあるが、これからです」
「落ち着いて馴れている。音声も明瞭でアナに向いている」
「舌が回らないところがあり、全体として声がかすれて聞こえる。勉強要」
「うまくテーマをまとめている。声の質も良く、将来性ある」
「声にシャープさがなく、語尾が不明瞭で残念。訓練要」
「全体的に説得性がある。ことば使いも明瞭でアナに向いている」
「解り易く説明しようとしているが、全体として平坦でおとなしい」
「テーマに沿って努力はしている。が、全体とすると、やや単調な感ある」
「言葉の発生が良く、若々しい。テーマも良く分かる。アナに向いている」
「さすがに馴れている。声の質も良いが、ちょっとハナ声が気になる」
以上になります。今後のステップアップの後押しになれば幸いです。表彰状と記念品は本日よりお渡ししております。
今回好評だった14周年記念のレッスン1回無料進呈券プレゼント抽選会で当選した方は全員受講に利用をされました。
皆さんが己を信じて邁進した一つ一つの勇気ある行動が、大いに実りあるものになることを心から願ってやみません。
また半年後のステージに向けて、目の前の階段を一歩一歩着実にのぼることを心から楽しんでもらえると嬉しいです。
何か不安になったり上手くいかなくなってもメンタルケアで解決しますから隠さず相談し明るく成長を楽しみましょう。
※他情報はまた随時更新して参ります。今後の更新もお楽しみになさってください。
2013/8/26:ほぼ全員に表彰状と記念品をお渡ししました。みなさん現場の生の声(評価コメント)を 受け取り
それぞれ何かしら感じ入ったことがあったようです。受講中に評価の是非や受け止め方の確認を行い摺り合わせは
無事完了致しました。解釈ひとつで方向性が変わることもありますので復習はとても大切にさせて頂いております。
今回の検定もみなさんにとって今後の方向性を占う良い節目になったことと思いますので大変有り難く感じています。
次回は来年2014年1月25日(土)です。今年の内に身に付けたいことを明確に引き続きその歩みを大いに楽しみましょう。

祝第30回表現力検定実施日:2013年1月26日(土)昼12時開催~(PM2時終了)
※2013/1/26:2013年第1弾の初春表現力検定はPM2時10分に無事終了致しました。本日は長時間お疲れ様でした。
節目の30回記念もたくさんの方に受検を頂き心より感謝を申し上げます。皆さんの意識の高さと輝ける向上心には
今回もただただ魅了させられました。この検定を通して、今この一瞬を一心に生きるその素晴らしい経過は必ずや
人間の想像を遥かに超える、人としての心豊かな結果に結ばれることを信じています(進捗は随時ご報告致します)。
今回は30回記念を祝って受検者全員に消せるボールペンをプレゼントさせて頂きました。ご愛用頂けますと幸いです。
※2013/1/31:検定結果が届き集計も終了致しました。発表は明日の午後です。まず、おひとりおひとりにメールで
合否連絡(合計点数と審査員全員からの評価のご報告)をさせて頂き、その後Webにて合格率と審査員コメントを
一部抜粋して発表させて頂きます。後者は初の試みとなりますのでどうぞお楽しみに!
※2013/2/1:検定結果をおひとりおひとりに合否連絡させて頂きましたのでWeb発表をさせて頂きます。
今回の検定合格率は50%でした。500点満点中400点以上の合格で、最低得点は375点~最高得点は475点でした。
前回よりも合格率は10%上がり、最高得点は10点上がり、得点の開きは40点縮まりました。意識の向上が伺えます。
1人の審査員の、皆さんへのコメントの一部はこちらです。「○級にしてはマズマスと思うが、やや早口で棒読みな
感じだ」「アナ向きだ。言葉遣いが明瞭で良いが、テーマに沿った表現力がやや希薄で残念」「表現力を強めようと
しているが、やや鼻声が気になる。もっとコメント力を磨きたい」「声がかすれて聞こえるのが気になる。テーマの
表現力が弱い」「1ヶ所詰まったところがあったが、何よりも表現力が弱い」「アナウンスとしては良い。テーマを
良く理解しており説得力がある」「言語が明瞭で良い。テーマに沿っており、先に期待感がある」「やや鼻声が気に
なるが、言いたい事は良く表現している」「○○をテーマに選んだのは良い。言葉が明瞭で表現力ある」「言いたい
ことは力説しているが、やや難解な言い回しが欠点」「○○のたとえ話が解り易くて良い。また、言葉がハッキリ
しており、アナウンサー向き」「アナとしては明るくて良いが、孤独感を表現するには説得力が弱く軽い」「アナ
としては上手いし、テーマを良く理解しているが、コメント力の向上に期待」以上になります。ご自分の評価と照らし
合わせて是非ご参考になさってください(受検級によりまして点数は変動致しますがコメントの率直さは変わりません。
どの審査評価も今後に期待する指南として快く受け止めて頂けますと幸いです。今日から新しい月。気持ちを切り替え
次のステージに立っている意識の深い誇らしげな自分を褒めて差し上げて下さい。周知の通り合否は関係ありません。
人それぞれのペースがあるからです。歩く道は違っても歩く志に自信をもち次なる挑戦も意気揚々と楽しむ豊かな心を!
※2013/2/2:合格された方々に表彰状と記念品の贈呈をさせて頂きました。他の方々も随時受講中にお渡し致します。
こうして一歩一歩想いを実現していけるのは全て、健康な体と、支えてくれるご家族や周りの方々の存在の賜物です。
その事を胸に引き続き自分を知る旅を楽しんで頂きたいと思います。今日も多くの気付きを楽しんで頂き感謝致します。
※2013/2/7:今日、受講されている方から「悩みがあるんです」と相談を受けました。「今働いている職場の同僚が
全く嘘の噂を流しているようで、上司をはじめ部下からも白い目で見られている」という内容でした。「とても居心地の
良くない環境にいると思いますが、解決方法は3つ。まず1つは、自分に否がないかを省みること。2つ目は、その同僚を
恨むのではなく、可哀そうな方だと気遣って差し上げること。3つ目は、嫌な事にクローズアップして悩みにするのでは
なく、今ある幸せをクローズアップして感謝すること。感謝しないことはそれすらも無くなるものです。自分の幸不幸を
決めるのは誰でもない、自分の考え方(考え癖)です。明日からは心を切り替え明るい心で!」と申し上げると「すっきり
しました。もやもやが消えました」と、いつもの大らかで優しい方に戻られました。悩むときは自己中になっている時。
そんな時は、木にお水をあげるように、心を感謝で潤わせましょう。ご自分の心身は誰よりも喜んでくれると思います。

29回表現力検定実施日:2012年7月28日(土)PM1時開催~(PM2時終了予定)
※2012/7/28:2012年第2弾の夏締め表現力検定はPM2時10分に無事終了致しました。皆さんお疲れ様でした。
半年に一度なので今回は、今年最後の表現力(アナウンス)検定。3級・2級・1級・プロ認定の取得を目指される
十数人の方が受検されました。皆さん、当日に原稿を受け取り30分間の練習時間を活用し一生懸命に調整され
ました。採点基準は発声と滑舌と表現力と、もうひとつは秒数です。心地良い声質と聞き易い口調と心に沁みる
雰囲気を時間内で表現できるかどうかが鍵となります。審査員5名の判定により500点満点中400点以上で合格と
なります。毎回のレッスンとは違う特殊な気付きがあると受検された方は話してくれます。「いつも指摘されて
いたことがようやくわかりました!」と仰る方がいて「いま?笑」ってなったり「やっぱり今までの考え方では
ダメだということがはっきりわかりました!」と仰る方がいて「そっか。よかった。」ってなったり。ひとりの
気付きはみんなの気付きでもあるのでこのようなコミュニケーションはとても有意義で有り難いことですね。
今回もたくさんの方々に意識を高めてもらえたことをご報告頂き心より感謝しています。1週間後に合否の結果と
採点コメントが各審査員から届きますが、結果よりも経過の心の深まりが人となりを創るため、当日気付いたこと
終わって気付いたこと指摘されて気付いたことを大切に振り返りましょう。都度の心の整理は人生の宝となります。

竹は、節目(ふしめ)があるから天高(てんたか)く成長できます。
節目節目を大切にしていればどんな結果も大丈夫です。
己に誇れる凛とした竹になるかどうかは、節目の豊かさにあります。

※2012/8/4:検定結果が届きましたのでご報告を申し上げます。今回の検定合格率は40%でした。
500点満点中400点以上の合格で、最低得点は320点~最高得点は460点の方がいらっしゃいました。
皆さんの今後さらなるステップアップを応援するため審査員からの改善ポイントは集計し先日各人に送付されました。
次のステージに進めるのは気付きの重なりの結果です。今回得た深まりを大切にさらなる前進を楽しみましょう。
○第28回表現力検定実施日:2012年1月28日(土) PM1時開催~(PM2時終了)
※2012/1/28:2012年の幕明け第1弾はPM2時30分に無事終了致しました。皆さんお疲れ様でした。
※1/28:緊張したり焦ったり思うようにいかないところもあったと思いますが、勇気ある挑戦から生まれた気付きは
自分の想像以上に、潜在意識に響き、心の開花を助けてくれるので、大切に思い返して頂けますと幸いです。
※2012/2/3:検定結果が届きましたのでご報告申し上げます。今回の検定合格率は45%でした。
500点満点中400点以上の合格で、最低得点は300点~最高得点は480点の方がいらっしゃいました。
皆さんの今後さらなるステップアップを応援するため審査員からの改善ポイントは集計し先程各人に送付されました。
視点は様々ですが、現場の生の声(本音)と受け止め、自分を見つめ直す言霊と心し練習材料にして頂けますと幸いです。
自分を顧みる時間は、戻ったり同じ所に立ち止まるようで、本質はこれ以上ない大いなる飛躍のバネと化します。
大切なのは、先に先に進むことではなく、深く深く見つめることです。人を真に高めるのは、普段の意識です。
日々巡り来る出来事に感謝を尽くし、これからも自他の心にたくさんのお水をあげ優しく育てていきましょう。
合格者の皆さんには2/8より表彰状と記念品をお贈り致します。次回検定日時は以下の通りです。
○3級・2級・1級・プロ認定の4種類
○開催場所:マーキュリング東京本社
○半年に1回の実施です(年に2回のみ) →詳細はこちら

受検料

3級:21000円(税別)

2級:25000円(税別)

1級:29000円(税別)

プロ認定:33000円(税別)

受検お申し込み方法

1.下記「いろいろなご相談」フォームからお申し込みください。
2.拝見次第【お手続きのご案内】メールをご返信致します※定員次第締め切りとさせて頂きます。
3.ご入金確認次第、個人の検定席が確定され【当日のご案内】メールをお送り致します。
【お願い】お振込み後の返金は致しておりません。事前にご確認の上お申し込みください。

いろいろなご相談