株式会社マーキュリングを甲とし、受講者(個人)を乙として、プロダクション付属スクールの受講契約事項をここに提示する。
1 甲は、乙に対し、プロダクション付属スクール(以下、「本講座」とする)を受講する資格及びその機会を提供し、乙は、甲に対し、それらの対価として、本講座の入講料及び受講料をそれぞれ支払う。

2 乙が甲に対して支払う前項に関する料金は、以下の通りとする。
・入講料:金 12万円(税別)
・受講料:金 1回受講料×回数(税別)
上記、入講料と受講料の合計金額 (税込)を一括払いで、甲の指定口座に振り込む。
振込手数料は乙の負担とする。

3 乙が本契約の全部または一部を解除した場合においても、消費者契約法第10条、民法第1条第2項の信義則を基本原則とし、乙は甲に対し、入講料・受講料の返還を一切請求することはできない。

4 乙が、乙の都合であるかどうかを問わず、本講座の全部または一部を受講しなかった場合においても、甲は乙に対し、乙が受講しなかった部分に対応する料金の返還はしない。

5 乙は、本講座を通じて知り得た、声のプロとしての技術向上ノウハウや、本講座で使用された資料の内容等の情報を、第三者に漏えいしてはならない。

6 乙は、本講座のMAX期限(回数に応じた受講期限)を守れなければ回数が残っていても使用できない。予約後のキャンセルやコース変更をすることはできない。時流により随時Web上で更新される甲の規定には承諾しなければならない。

7 甲及び乙は、受講にあたり、以下の事項について、認識しなければならない。
(1) 本講座は、甲の乙に対する仕事の紹介や斡旋を前提とするものではない。
(2) 本契約は、特定商取引に関する法律(昭和51年6月4日法律第57号)における、業務提供誘引販売取引ではない。通信販売や特定継続的役務提供にも該当しない。
(3) 乙が本契約の全部を解除することができるのは、甲が本講座を開設しないなどの特段の事情がある場合の他、法律上の解除事由がある場合に限られる。

直前のページに戻る