プロ意識とは
1.業界のルールの心得
2.会社との約束の順守
3.自己責任と内省優先

これに集約されます。

 

マーキュリングは、これからも
心通わせられるご縁ある方々と
末永くお付き合いをさせて頂きたいと考えています。

ただその瞬間だけでなく、長い時間経過にも、たとえその場にいなくとも
いつも互いの幸せを想い合える、慈しみに満ちた関係を築いていきたいのです。

お蔭様で今、心から信頼のおけるクライアント様に恵まれ
スキル評価の高い登録者に恵まれ、志の高い受講者に囲まれ
日々互いに研鑽しながら、有り難いときを、刻ませてもらっています。

 

しかし人間、100人中100人、心通わせられるものではありません。
アンチの方も当然いらっしゃいます。その声を拝見しましたところ
なぜそうなってしまうのか、その焦点が、ひとつ浮かび上がりました。

それは、プロ意識でした。
その光り輝く存在の有無が、明らかに全てを分けていたのかもしれない、と思いました。

心通わせられなかった方は、まず業界のルールを心得ておらず
同時に、事務所との大切な約束事を守ろうとしていなかったこと
そして自らの反省が一切なく、全てを他人のせいにしたまま、そんな傾向が見受けられました。
もちろん事務所も、その改善に即時取り組めなかったことも要因しますが、例えば下記の声を取り上げてみます。

「この事務所は仕事がない」
「ギャランティが低かった」
「登録料払ったのに仕事がなかった」
「電話応対が感じ悪い」「面接行ったけど感じ悪い」
「スクール受講したけど厳しかった」

 

「この事務所は仕事がない」について
そもそも登録は仕事を保障するものではありません。個人のスキルによって、全く選ばれない方は当然出てきます。
他の事務所で今まで選ばれていたからといっても、事務所が変われば、全く関係のないことです。
クライアントも、案件内容も、案件レベルも、比較される人のレベルも、その人数も、全く変わります。その逆も然りです。
今までの事務所では全く選ばれなかったのに、すごく仕事がある、という方もいらっしゃいます。
この改善として、どんなにキャリアがあっても、可能性やプロ意識が、低いと思われる方の、面接自体行わず、行っても不合格とします。

「ギャランティが低かった」について
ギャランティは、その時の案件と、個人のスキル、事務所登録年数によります。
その契約事項は、常時WEBに公開しており、面接合格時点でも、確認をしています。
このような方は、高い案件の選考は、他の人に押されて通らず、安い案件が回ってきた方かもしれません。
または、クライアント様からクレームがあって、
ギャランティが差し引かれた方かもしれません。
キャリアはあっても、スキルとは無関係ですので、時間を掛けてレクチャーしても、自覚できず、逆切れされる方もいらっしゃいます。

しかし、登録年数がたとえ1日であれ、期待度の高い方は、1件のギャランティ何十万の案件で起用され、活躍される方もたくさんいらっしゃいます。
この改善として、上記同様、キャリアがあっても、可能性やプロ意識が、低いと思われる方の、面接自体行わず、行っても不合格とします。

「登録料払ったのに仕事がなかった」について
そもそも登録料は無料です。ボイスサンプル作成料のことかと思います。声の仕事をする事務所のためボイスサンプルは必須です。
自分でボイスサンプルを作成できない、という方のために、行っていることです。払いたくなければ自分で用意をされれば良いことです。
但し、音質の悪いボイスサンプルは使用できませんので、機材を購入されるか、スタジオで録音することになるため、結局お金は掛かります。
しかも事務所の規定のボイスサンプルでなかったり、内容の方向性が間違っていれば、何度も録り直すことになるため、さらにお金は掛かります。
いずれにしても、登録料を払ったと仰るあたり、事務所の約束事どころか、基本的なルールをも、全く理解していなかった、といえます。
この改善として、ボイスサンプル作成希望者には、書類選考の段階でプロ意識の低いと思われる方の、面接自体行わず、行っても不合格とします。

「電話応対が感じ悪い」「面接行ったけど感じ悪い」について
そもそも応募者の電話応対自体、行っていません。募集要項にはっきりと明記しています。事務所の主体はプロの派遣のためクライアント優先です。
応募数は、一日何十人にもなり、月数百名となるため、必ず詳細を確認の上、わからないことがあれば、メールか、繋がらなければ電話という当初案内でした。
しかし、基本的な詳細を全く確認せず、とりあえず電話をされる方がいらっしゃいました。確認すらできないプロ意識のない方を、面接する意味がないため
また、電話でも声のスキルの高低は容易に判断できるため、その方のためを思って、明確な理由を添えて、はっきりとお断りを申し上げますが、
それが、業界を安易に捉えているお客さん感覚の方にとっては、電話対応が感じ悪い、となるのでしょう。面接も同様です。
可能性のない方には、その方の今後を鑑みて、その場ではっきりとお断りを申し上げます。しかし、自分のスキルを自覚していない方には
突然その場で不合格にされて、しかも不合格の理由まで述べられて、すぐに帰されて、なんか嫌な感じ、感じ悪い、となるのでしょう。
この改善として、電話応対は一切受付けず、書類選考不合格理由は伝えず、プロ意識の低いと思われる方の、面接自体行わず、行っても不合格とします。

「スクール受講したけど厳しかった」について
スクールは、ワークショップみたいな、趣味感覚やサークル感覚で、開催しているものではありません。
このように感じる方は、宿題をやってこない方と思われます。今やるべきことを分かっているのにせず、ただ受け身で受講するだけだと、前に進まず
上達せず、面白くなく、嫌だ、なんか違う、厳しいとなります。素人感覚の方は、どんなに実践的なレッスンを受講しても、仕事に繋がることはありません。
この改善として、なんとなく入構したい素人感覚の方は、一切お断りします。真剣なおひとりに重点を置くために、余分な時間を極力省きます。

5種類の声をピックアップしましたが、他の声もこれに付随するようなことなので、まとめとして、ご参考になればと思います。それでも
言葉尻を捕らえ、揚げ足取りをされる方もいらっしゃるでしょうが、どうか、これから輝こうとする新芽を摘む行為や、今輝いている方を貶める行為は
良識に則り、謹んで頂ければと切に願います。今まで取り立てて、アンサーを発信していなかったように思うので、ここで改めてお伝えしました。

 

人の格は、プロ意識で決まる、と思われます。
誰もが他人に求めることであり、誰より自分が実践すべきことであります。

その心が花開いて、はじめて、ひとつが生き、周りが生きます。
ひとつは、無限をつくるも、ひとつなきところには、何も形成されません。

プロ意識のある方は、そこにどんなルールや約束事があろうとも、必ず事前に確認し、黙って守ります。
プロ意識のある方は、どんな場面においても、特別扱いされたいお客様感覚で、人と接したりしません。
プロ意識のある方は、どんなに残念なことがあっても、自省の材料とし、決して他人のせいにしません。

周知の通り、プロ意識とは、人としての道徳です。
もちろん、今は欠けている、でもこれから大きく育てていきたい、という方もいらっしゃるでしょう。
その心があれば、それは讃えるべき心であり、互いに大切に育て合いたい想いです。

 

事務所は、応募の際、面接の際、登録の際、仕事の際、受講の際、他あらゆる場面において
これからも、3つのプロ意識の、存在有無を焦点として、業務を進めていきたいと、考えています。

自分の主張こそが100%正当だ、と公言する方は、周りに多分な悪影響を及ぼします。
何事にも、100%正当なことなど、ありえません。人を批判することほど、簡単なことはありません。
全ては、自己責任の世の中。自分で責任が取れない確認なき行動を取ったこと自体が、既に100%正当ではありません。
またそれを、不特定の第三者に拡散しようとする行為も、正当とはまるで真逆な行為です。決して褒められたものではありません。
事務所も同様、当然100%でないがゆえに、改めるべきは改め続ける毎日です。しかしそれが真実であり、美しいことだと、思います。
いつまでも、己が100%でないことに、気付けない、自覚できない、反省できない、改善できないことほど、愚かなことはありません。
人間は完璧ではありませんから、間違ってもいいんです。そこで、日々勉強であり、日々反省であり、日々改善すべきと思えるかどうか、なのです。
その経過を辿れることは、とても幸せなことであり、素晴らしいことだと思います。

出来ないことに、気付き、反省し、改善する、この簡単そうで、早々できないことが、どんなに歯がゆく、美しいか。
しかし、0か100かの世界ではありませんが、人は50辺りの地点で迷っていると、どう80にすればよいか分からず、0に引き寄せられる傾向にあります。
ゆえに、素晴らしい思考をもっている人でも、負の思考をもっている人の考えに触れるだけで、その影響により、数字を持っていかれる、ということです。
人はそれほどまでに、危うく、揺らぎやすく、陥りやすく、常に誰かに、共感できるアンサーを探し求め、思考の低下を自ら招き入れている、とも言えます。
ひとりの中には、100もあれば、0もあります。そのどの部分を育てたい意識にあるか、だけです。人の悪い部分を探すサガが働けば、数字は一気になくなります。
とはいえ、人は誰でも、もともと100の美しい心を持ち合わせています。今、何を良しとするかを静観し、その心が発動していることを、常に見極めたいものです。

 

事務所は、今プロ意識のある方々、これから大きく育てたい方々とのご縁を、さらに深めるべく
日々気付き、内省、改善し、プロ意識の有無を最優先にした取り組みを、あらゆる角度から、実施しています。

事務所は、ルールや約束を確認せず、守らない方の、応募・面接・登録・仕事・受講の一切を、お断りします。
事務所は、どんな場面も、特別扱いされたいお客様感覚で人と接する方の、応募・面接・登録・仕事・受講の一切を、お断りします。
事務所は、残念なことがあっても、自省の材料とせず、全て他人のせいにする方の、応募・面接・登録・仕事・受講の一切を、お断りします。

そこには、互いに満足のいく瞬間は、決して訪れないからです。
事務所の全てのルール・約束事の一新は、プロ意識ある周りの方々の
今の、未来の、幸せのためです。その幸せが、わたしたちの幸せです。

これからもマーキュリングは、いつも周りの幸せを想い、自省を怠らず、たくさんの方々の発展に繋がる改善を惜しまず
日々の業務の明るみに全力を尽くことを、ここに改めてお約束します。引き続きどうぞお付き合いの程宜しくお願い致します。
※このような事務所の考え・方針の発信は、今後定期的に行います。リクエストなどありましたらご遠慮なくお気軽にお問合せください。