第42回アナウンス検定の画像です。

2019年1月26日(土)PM4時~1h30
第42回アナウンス検定が開催されました。

半年に一度の検定、今年第一弾です。
今回実施された級は1級とプロ認定。

1級のお題は「グローバルな視点が不可欠となった昨今
来年迎える東京2020オリンピックに向けて
私達は今、何を育てるべきだと思いますか?
40秒ちょうどで、分かり易く表現してください。
(内容、言い方、秒数、全ての充実度が審査対象)」

プロ認定のお題は「昨今AIが注目を集め機械の進化が目覚ましい中
人として、忘れてはならない、決して廃れることのない
最も大切にすべきものは何だと思いますか?
50秒ちょうどで、分かり易く表現してください。
(内容、言い方、秒数、その全ての充実具合が審査対象)」でした。

50分程の文章作成、声出し調整の後、検定録音スタート。
半年間の集大成の時間後は、振り返る時間。
「うまくできた」「緊張した」「まとめきれなかった」「まあまあだった」
様々な思いがある中、実際に音声を聞いてみると「内容が言葉足らずだった」
「言葉の選択が甘かった」「言い方に力みがあった」「バランスが偏っていた」
「焦点がぼやけていた」「秒数が超過していた」など改善点が浮き彫りになりました。

その後1週間の審査期間を経て
今回は史上2回目の100%全員合格となりました。
審査員の総評で多かったのは「前回の検定時よりもかなり上達していて驚いた」
「喋りのスタンダードが高くなっている」「そこまでの落ち度がない」などでした。

合格の知らせと、審査員の感想を受け取った
受検者の方の中からおふたりの嬉しい声です。

「おはようございます。
検定結果ありがとうございました。
プロ認定につきましては内容がまとまりきらなかった事、
タイムオーバー等、厳しいなと感じていたのですが合格する事が出来嬉しく思っております。
また審査員の方のコメントが自己反省と照らし合わせ
客観的に捉える事が出来とてもありがたかったです。
器用な方でもなく、日々の成長はあるのか無いのかわからない位なので
半年ぶりに審査していただき成長を認めていただけた事は自信につながりました。
とはいえ、まだ改善の余地は沢山あるので日々邁進していきたいと思います。
次回のレッスンもよろしくお願い致します。」

「おはようございます。
検定結果贈っていただき、ありがとうございます。
今回の反省点としては
内容に関して 思い付きだけで書いたところがあり、理性的に校正をすれば良かった
秒数に関しては いつも早口で話すので、補正しませんでした
全体的に もう少し添削すればよかった
次回に向けて記憶しておきます。
最近、お気に入りの本を、声を出して読んでいたら、感動して泣いてしまいました。
何故だかわかりませんが、言葉の勉強しながら、心が変化しているみたいな気がします。
先生には、「ありがとうございました」とお伝えください。」

2019年ラストの第43回アナウンス検定は
半年後の7月27日(土)PM4時~1h30です。
間際で慌てることのないよう、今からじっくり積み重ねたいものですね。

株式会社マーキュリング